2010年09月02日

丹羽かずたか

niwa.jpg

沿革
平成8年 加藤一高建築設計事務所開設

所属団体
安心・安全 住まいづくりの会 会員
愛知建築士会
欠陥住宅被害東海ネット

自己紹介/コメント
建築士とのコミュニケーションを、楽しんでもらいたい。
冬の寒い日や仕事で疲れた日、家族の待つ家に帰るとホッとし ます。住宅の設計を依頼されるたびにいつも心掛けるのは、帰りたくなる場所=家、にしたいと言うことです。
中学生の頃本屋でアルバイトをしていました。注文の品を各家庭に自転車で届けるのですが、冬の寒い日、一戸建てや団地のそれぞれの家からカーテンを通して漏れる光はとても温かく感じました。凍えそうな自分と対比して、すべての部屋がとても幸せそうに思えたものです。こんな経験から私はいつも、「帰る場所」が単なる箱ではなく、安心で安全な「帰りたくなる場所」になるように、それがあなたとあなたの家族の「家」となるようにと願って住宅を設計しています。
そのためには色々なことを伺います。予算のことから始まり、家族の将来や老後のイメージ、生活スタイルや趣味に至るまで、何を形にすれば喜んで頂けるのか私が理解し、大工さんが仕事をするために必要な設計図で表現出来るまで、いっぱい質問をします。
貴重なお時間を頂くことになりますが、可能な限り理解を深めたいと思いますので建築士とのコミュニケーションを出来れば楽しんでお付き合い頂ければ、と思います。
建築士は技術者でありデザイナーでもあるので、ご希望の性能や見映えは予算の程度に合わせていつでもご提案出来ます。でもせっかく私にご依頼頂くなら、出来る限り家に対する想いを伝えて下さい。打合せを重ねてその想いが伝わったらきっと「予算の程度」よりワンランク上の出来栄えになっているはずです。
住まいに対しての要望や想いはご家族や地域によって、また時代によっても違います。お話を重ねる中であなたとあなたの家族が望む家のあり方が分かってくると思います。既製品の家を「買って」も満足出来そうもなければ、「安心安全住まいづくりの会」にご相談下さい。

施工例

国産スギのやさしい表情を活かした家。
一社の家

kouketsu_01.jpg
  1. 外観/近隣建物との調和を考え、屋根や外壁の色、材質を慎重に選択。
    オープン外構で、塀や門は出来るだけシンプルにしつつ、防犯にも配慮。
  2. シューズクローゼット/訪問者からは見えない位置に、大量の収納スペース。
kouketsu_02.jpg
  1. ダイニング/階段の行く先はロフト(小屋裏収納)。
  2. リビングからキッチンを臨む/キッチン上部には、吹き抜けに面したロフトを配置。
  3. キッチン/造り付け収納は地元の長良スギで製作。
  4. リビング/日当たりを確保するために、2階にLDKを配置。
kouketsu_03.jpg
  1. 天井/リビング上部吹き抜けの構造材はすべて国産のスギ材。
  2. トイレ/手洗いカウンターは天竜の木材共同組合でお客様と選んだスギ板。
  3. 寝室/廊下を無くし、ウォークスルークローゼットを通って入る寝室。
概要
  • 建物のテーマ:「狭小地に建つ国産材住宅」。
    混みいった住宅街の狭小地で、プライバシーに配慮した暮らしを目指し、お客様からのご要望で、合板を使わない住宅として計画。
  • 場所:名古屋市
  • 家族構成:夫婦+こども3人
posted by 安心・安全住まいづくりの会 at 04:00| 丹羽かずたか