2010年09月02日

浅井洋樹

asai.jpg

沿革
平成 4年 西部建築構造設計事務所へ勤務
平成19年 浅井建築構造設計室開設

所属団体
安心・安全 住まいづくりの会 会員
欠陥住宅被害東海ネット
欠陥住宅をつくらない住宅設計者の会

自己紹介/コメント
直接見えなくとも、安心・安全に直結しているのが構造設計です。
数年前に日本を震撼させた耐震偽装事件は、今まで表に出てこなかった構造計算や構造設計を専門とする建築士の存在を世に知らしめました。しかし、それらは大きなビルやマンションばかりではなく戸建住宅にも密接にかかわる領域であり、安心・安全な住まいづくりにおいては欠かせない職域です。
私はこの「安心・安全 住まいづくりの会」の中で、建築構造設計の専門家の立場から立て主や他の建築士のサポートを行っています。過去には「木造耐力壁ジャパンカップ※」に参加することにより耐力壁の研究を行なったり、欠陥住宅訴訟では建て主の立場から鑑定書・意見書の作成を行うなど、幅広い領域で安心・安全な住まいづくりに必要な取り組みをしています。
これらの活動を通じて皆さまのより良い住まいづくりのお手伝いをしたいと思います。

※ 「木造耐力壁ジャパンカップ」とは
平成9年から始まった、木造技術を駆使して作られたさまざまな耐力壁の強度や、コストを争うイベント。参加者は建築系の学校の学生やハウスメーカーの研究開発部、設計事務所、大工さんなど。浅井建築士は「安心・安全 住まいづくりの会」ジャパンカップ担当者として、参加した経験を持つ。


asai_japancup.jpg
posted by 安心・安全住まいづくりの会 at 02:00| 浅井洋樹